健康豆知識

サルコペニア肥満をご存知ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

近年注目されているサルコペニア肥満というタイプの肥満をご存知でしょうか?
この症状は運動量が減って筋肉量が低下した人に多いので、高齢者に多く見られるそうですが、
間違ったダイエットや生活習慣の変化などにより、若年層にも増えているそうです。

サルコペニア肥満とは

サルコペニアとは、加齢性筋肉減少症のことで、筋力低下や筋萎縮に加えて
肥満を伴うもの
と言われます。
見た目が痩せている人でも起こり得るという特徴があります。

一般に筋肉の量は20~30歳代でピークを迎え、その後は徐々に減少し、
80歳代ではピーク時の約55~60%まで減少するそうです。

ダイエットで食事制限を行なった場合には特に注意が必要で、仮に体重が3kg減ったとしても、
脂肪のみが3kg減る訳ではなく、実際には筋肉量も減少しているそうです。
偏ったダイエットを続け、筋肉量が少ない状態で歳を重ねるとサルコペニアや
サルコペニア肥満となる場合があります。

サルコペニア

サルコペニアが身体に与える影響

目安となる筋肉の減少が起こると、階段を上がるのが辛い、つまずきやすいといった
症状が出てきます。

また、肥満は高血圧や糖尿病、高脂血症といった病気と密接に結びついており、
生活習慣病のリスクを高めます。

実際には、高血圧の発症リスクが男性では1.7倍、女性では2.3倍になるとの報告もあるようです。

サルコペニア肥満の予防と対策

サルコペニア肥満を防ぐには筋肉量を落とさないこと。
脂肪を溜め込まないことが大切です。

加齢とともに筋肉量は落ちてしまいますが、運動やトレーニングを行なうことで、
スピードを緩やかにすることは十分可能です。

また、ダイエットでは食事制限をせず、バランスの良い食事を心掛けることも大切ですね。

働き盛り世代の方々はメタボリックシンドロームや生活習慣病の健康問題が広く知られていますが、
筋肉量も健康を左右する一つの要素です。

「最近、筋肉が落ちてきたな」と感じた際には、運動を行なって筋肉量を上げていきましょう!

コメントを残す

*

fifteen + 10 =