健康豆知識

エゴマ油で脳機能アップ?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

エゴマ油はご存知でしょうか?

たびたびテレビでも紹介されていて、体に良い油として知られているかと思います。
そんなエゴマ油について、本日調べてみました。

えごま

エゴマ油の効能

  • うつ病の予防
  • 老化、認知症の予防
  • 血栓の予防
  • 癌の予防
  • ダイエット効果

エゴマ油の注目成分

  • ミネラル
  • αリノレン酸

この2つは体内で作れない成分です。
他の油に比べてαリノレン酸が多く含まれています。

このαリノレン酸は体内でEPAとDHAになるので、認知症予防になるとされています。
近年ではEPAは炎症物質を抑制する働きがあり、花粉症などの症状が改善されるとか…

《ちなみに》
ミネラル不足が簡単に分かる方法ですが、舌を出して舌苔ではなく明らかに真っ白
になってしまっているとミネラル不足のサインです。

えごま油

食生活への取り入れ方

エゴマ油は熱に弱いので、ドレッシング用に使用されている方がいらっしゃいます。

人によってはパンに付けたり、冷奴にかけてみたり、様々な使い方が御座います。
ご自分の食べやすい方法を見つけて試してみて下さい。

ちなみにEPA・DHAの一日の目標摂取量は約2gです。
魚で摂ろうとした場合、サバなら半身ほど食べなければなりませんが、
エゴマ油ならおおさじ1杯で良いとのこと。

エゴマ油は他の油と違って賞味期限が短いので、棚に置きっぱなしにせず、
酸化しないように冷蔵庫に保存して、早めに使い切るようにしましょうね。

日々の食生活に出てくる料理にエゴマ油をかけてより良い健康生活を
目指してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

three + nineteen =