健康豆知識

冷えた身体を食材で温める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

最近は寒い日が続いてますが、ご体調を崩されていませんか?
身体が冷えると末端に血液が行かず、冷え性になりやすくなりますので気をつけたいですね。
身体を温める方法は様々ありますが、今回は食事で身体を温める方法をご紹介します。

代謝を上げて体温をアップ!

血液がサラサラであれば血液の巡りが速いので簡単には冷えませんが、ドロドロの血液だあっという間に身体が冷えてしまいます。
冷え性の方だとこの症状が多いみたいですね。

血液をサラサラにして代謝を良くする食材は、旬の野菜や根菜、葉物野菜が良いそうです。
冬鍋は大根や白菜などの根菜、葉物野菜を入れますが、これは身体を温めるのに理に適っているのです。

冷えた身体を食材で温める

まだ血液をサラサラにする方法があります!

血液をサラサラにするひとつの方法に調味料を変えることがあります。
一説によると、一日に80種類以上の食品添加物を食べていると言われています。

最近では「無添加」という言葉もみかけますが、添加物は冷凍食品やインスタント食品、
加工食品だけで無く、調味料にも使われています。

この添加物を大量に取り入れると血流が悪くなり、消化の際に内臓が疲れてしまうので、
食事内容を振り返り、身体を冷やしている部分があれば直していきましょう!

コメントを残す

*

fifteen + 19 =