健康豆知識

【柔軟性UP!】屈伸×開脚ストレッチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークスタッフの石塚です。

小さい頃から準備運動の際に行なっていた屈伸運動。
屈伸運動を行なうことで下半身の筋肉が伸びて、太ももや膝まわり
ふくらはぎの柔軟性が高まるストレッチです。

今回ご紹介するのはもっと効果的に股関節や内ももを伸ばせて、脚痩せも叶うかもしれない、
屈伸に開脚をプラスして行なうストレッチです。
ぜひ皆さんも行なってみて下さい。

屈伸×開脚ストレッチ

長時間のデスクワークや座学、運転など同じ姿勢のままでいることが多い方。
動き始めるときに股関節が詰まった感じがある方、下半身に重だるさがでたりする方に
おすすめです。

※下半身が硬くなっている時は、ゆっくりと行なってみてください。

1.立った状態から両足を大きく開いて腰を太ももが地面と平行になるまで落とし、
  膝とつま先の方向を揃える。
2.右側に重心をかけながら右膝を曲げてゆっくりしゃがみ、曲げたほうの
  かかとを床に付け、両手も床に付いて体を支える。
  余裕があれば右肘で右膝を内側から押して広げてみましょう。
  Point! 左脚のつま先を天井に向けて膝を伸ばすと足裏のストレッチに効果抜群!
3.反対側も同様に行なう

屈伸運動

出来る様になったら少しステップアップ!
両手を胸の前に合掌して下半身の力だけで屈伸開脚ストレッチを行なってみてください。

いかがだったでしょうか。
準備運動として何気なく行なっていた屈伸運動に少し変化を加えるだけで、
その後の体の動きが良くなっているかもしれません!

皆さんも準備運動される際は、今回ご紹介させていただいたストレッチを
ぜひ意識して行なってみてください。

コメントを残す

*

9 − one =