健康豆知識

旬な食材-柚子-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

今が旬の柚子は、食用外でも使われ、なんと体を温めてくれる効果があるようです。
※未熟な青い柚子は、主に8月が旬だそうです。

寒い時期なので、なるべく体を冷やしたくはありませんよね…
本日はそんな柚子の栄養と効果についてご紹介します。

ゆず

柚子の栄養素・効果とは?

柑橘系の中でもトップクラスのビタミンCが含まれています。
柚子の果汁には40mg、皮には150mgものビタミンCが含まれており、
りんごの40倍、みかんの4倍とも言われています。

そのほか、ビタミンB1、B2、鉄分、カリウム、カルシウム、クエン酸、
リモネンなどの成分も含まれています。

よく冬至の日に柚子湯に入ると、冬の間に風邪を引かずに過ごせると言われていますが、
さら湯のときよりも血行が促進し、柚子の精油成分が美肌・保湿効果をもたらしてくれます。

また、柚子のほど良い香りやクエン酸が、疲労効果やリラクゼーション効果を
感じさせてくれるそうです。

お風呂から出ても湯冷めしにくいので、ポカポカの状態で寝れて安眠できそうですね。
冷ますのは体にあまり良くないことなので、健康のためにもぜひ試されてはいかがでしょうか?

コメントを残す

*

thirteen + eighteen =