健康豆知識

健康に欠かせない「よもぎ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

よもぎは、全国各地の野山や草原はもちろん、日当たりの良い土手や道路の
片隅でも簡単に見つけられる、とても馴染みのある野草の一つです。

だんご

よもぎとは?

キク科に分類され、世界ではおよそ950属2万種、日本では約70属360種の
キク科植物が知られており、地球上のほとんどの地域で生育が可能だそうです。

お灸のもぐさとして有名ですが、よもぎの香りに精神を癒すアロマ効果があるそうで、
よもぎ枕などの商品も販売されているそうです。

よもぎは飲んで良し、食べて良し、嗅いで良し、浸かって良し、燃やして良し
5拍子を揃えた素晴らしい薬草です。

よもぎの成分は?

よもぎには、たくさんの有効成分が含まれています。
各種ビタミン・ミネラルも高単位で豊富に含まれております。

また、第5の栄養素である食物繊維は類や季節を問わず、豊富に含まれております。
昔の人は、春になって農作業が忙しくなると、よもぎ団子を作って食べているそうです。

団子の中には味噌や胡麻、梅干しなどを入れて毎日食べてスタミナを付けていた
とも言われています。

よもぎを活用しよう!

若々しい緑の香りがするよもぎは、アロマテラピーにもなります。
お風呂場をよもぎ湯にすると、疲労回復健康増進の点では最適温度は40度前後
良いそうです。

また、あがる時に一度湯船に浸かることによって、よもぎの精油成分の温熱効果で
湯冷めしません。

さらに、タンパク質分解酵素の働きによって、肌がすべすべになり、各種ビタミンと
葉緑素によって、肌のトラブルに良い効果が期待されております。

よもぎを調べていると、ここに書ききれないほど、たくさんの効果が期待出来る
要素があります!

これからの3月から5月頃までは、食用のよもぎが旬を迎える時期になりますので、
ぜひとも摘んで、食卓の一品にしてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

seventeen + nine =