健康豆知識

女性必見!ビタミンの話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

健康美容に関心の高い女性必見!
皆さんは、下記の食品のどれかを毎日摂られてますか?

バナナ、レバー、大豆、鶏のひき肉、牛乳、いわし、ぶり、カレイ etc…
どれも毎日摂られていないという方は、ビタミンB2とB6不足かも。。。ですよ!!

ビタミン

ビタミンB2とは?

ビタミンB2は水溶性ビタミンの1つで、体内においては体の成長に対して必要とされています。
また、甲状腺の正常な働きを維持したり、皮膚、爪あるいは頭髪をはじめ、正常な健康状態を
維持するのに不可欠なビタミンとされています。

欠乏してしまうと、皮膚や粘膜に影響を与えてしまいます。
肌が荒れたり、肌が脂っぽくなったり、頭髪のふけがひどくなる、にきび、口内炎、口角炎、
目の充血などの症状を引き起こしてしまうそうです。

ビタミンB6とは?

ビタミンB6も水溶性ビタミンの1つで、体内においては皮膚炎の予防に良いとされております。
主な役割としては、たんぱく質が体内で分解され、一部のアミノ酸に再合成する際のサポートを
するようです。

また、神経の働きを正常に保つ役割もあるそうです。

欠乏してしまうと、皮膚炎、口内炎、湿疹やじんましんなど、皮膚に関する症状が出てきます。
また、末梢神経にも関係していると言われており、足がつったり、手足がしびれやすくなると
いった症状があるそうです。

ビタミンB2とB6の不足を防ぐためには?

両方のビタミンを効率良く摂れるのがレバーですね!
そのほか、B2は卵やチーズ、鶏や牛、豚のハツに多く含まれております。

B6は、にんにく、マグロの赤身、鶏のひき肉、かつおなどに多く含まれております。
ビタミンB2は体内で作られないため、外部から摂取する必要があります。

一方、ビタミンB6は体内の腸内細菌によって作られるので、外部から摂取しなくても
欠乏症を引き起こす可能性は低いと言われております。

ビタミンB群は一つだけ摂取しても効果が薄いと言われてますので、
様々なビタミンB群をバランス良く摂取していきましょうね。

コメントを残す

*

ten + 19 =