健康豆知識

秋の味覚-柿編-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

ひんやりとする空気に影響してか、紅葉も進んでおりますね。
あっという間に秋も終わりそうです。
今回は秋が旬の食材と言えば『柿』!
どんな栄養成分が含まれているのかご紹介します。

秋になると柿を食べる機会が多いかと思いますが、健康効果について調べたことはありますか?
実は昔から「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われるほど健康食材として優れているそうです。
柿はプロビタミンCが大体100g中1gほど含有しており、体内でビタミンCに変わり作用します。

二日酔い防止に役立つ!?

有名なのが、二日酔いの防止です。
ビタミンCが肝臓の働きを助け、解毒を促すため、お酒を飲む前や二日酔いで気分が
悪いときに食べると、回復が早まるそうです。

この時期の朝晩は外が冷えているので、油断したときに風邪を引いてしまいがち。
ビタミンCが多く含まれているため、頻繁に食べることでウイルスに対する免疫力や抵抗力が
アップし、風邪の予防にもなるかと思います。

ただし、食べ過ぎるとお腹を冷やしてしまったり、空腹時だと消化不良を起こしたり、
便秘の原因にもなってしまうそうです。

また、柿に含まれているタンニンが鉄と結合して、鉄分の吸収を阻害しますので、
貧血症の方は控えめにした方が良さそうです。

この秋、柿を味わってみてはいかがでしょうか?

生で食べるのも、干し柿にして食べるのも良いですが、サラダやジャム、プリンやケーキなど、
一味違った食べ方で、柿を味わってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

*

fourteen + fifteen =