健康豆知識

おうち時間にロコモ予防運動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

コロナウイルス感染症の影響で外出を控え、家に閉じこもると活動量が減ってしまう為、筋肉の衰えや運動不足でお悩みの方は多いのではないでしょうか。
今回は筋肉の衰え、ロコモを防ぐ体操をご紹介します。

ロコモ(ロコモティブシンドローム)とは?

通称:ロコモティブシンドローム(運動器症候群)です。
骨や関節、筋肉など運動器の衰えが原因で、「立つ」「歩く」といった機能(移動機能)が低下している状態のことを言います。

■バランス能力を付ける:目安は左右1分ずつ1日3回

 ●片脚立ち

   転倒しないように必ずつかまるものがある場所で行ないましょう。
   床につかない程度に片脚をあげましょう。

ロコモ予防運動

■下肢(下半身)筋力をつける:目安は5~6回を1日3回

 ●スクワット

  太ももの前と後ろの筋肉にしっかり力が入っているか、意識しながらゆっくり行ないましょう。

ロコモ予防運動

・痛みがあるときには無理をしないこと
辛い場合は目安にこだわらずに回数を減らすこと
運動中に呼吸は止めないこと

無理せずにご自分のペースで行なってみてください。

コメントを残す

*

2 × two =