健康豆知識

熱中症に注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今年も熱中症で搬送される方が多いそうです。
搬送される方の割合では、ほぼ半数を65歳以上の高齢者が占めています。

約6割が軽症とのことですが、事前に熱中症を予防する方法を知っていれば、
発症自体を抑えることが出来るかと思います。

なぜ、高齢者は熱中症になりやすいのか。
主な理由としては…

  • 体内に蓄えられる水分量が50%と少ないこと
  • 老化に伴い、暑さや寒さを感じる皮膚のセンサーが鈍いこと
  • 汗腺が萎縮し汗が出にくく体温調整がスムーズに行かないこと
  • 喉の渇きを覚えにくくなること

上記の4項目が挙げられるそうです。

予防するには、周りの補助も必要かと思いますが、最終的には各自の自己管理が
必須となると思われます。

温度計を見やすい位置に置いて、28度を超えたら換気して、28度以下を保つように
扇風機やクーラーをつけるなど、気温の変化に注視するのも大事ですね。

コップ一杯の水

さらに欠かせないのが水分補給。
普通の水ではなく砂糖や塩を水に入れた経口補水液や、生理食塩水、清涼飲料水を飲み、
運動、散歩、庭仕事などで外出する時、入浴、就寝前にもコップ1杯の水を飲むように
心がけてください。

規則正しい食事、十分な睡眠は熱中症対策の大前提になるそうなので、
意識して体調を管理を行なっていきましょうね!

コメントを残す

*

sixteen − 10 =