健康豆知識

イライラと食品の深い関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

今日は昨日のブログの最後でご紹介しました、イライラと食品の関係性についてです。

イライラ
野菜に含まれる成分をもとに作成された目安表です

こちらの写真のイラストでもご紹介されていますがイライラやストレスは深く食品と関係性が強く、ストレス解消に効果的な物もあれば、逆に悪化させる食べ物もあるそうで・・・

脳がストレスを感じると、ビタミンやカルシウムなどの栄養素が消費されてしまい、
脳が栄養不足の状態…

その栄養補給として…

ビタミンC・カルシウム・たんぱく質・ビタミンB1・ビタミンEを含む食品、
ヨーグルト・キウイ・ナッツ・牛乳・ココアカツオ・豚肉・豆腐などながおすすめです!

食品
関係ないですが、何度見てもこの画像をみてたら口の中がすっぱくなってきます

中でもキウイは、ビタミンCが豊富に含まれていて、イライラ・不安感などを抑制する
ホルモンの分泌を促してくれます。
さらに抵抗力・免疫力を上げるのにも効果的なので、体を強くする事にも期待ができますね。

豆腐には、レシチン という神経のイライラ感を抑える働きがある成分も含まれているので、
ストレス解消に効果的です。
同じ大豆が原料の納豆や、豆乳などの大豆製品も期待できます。

お豆腐

ただし、大豆に含まれている大豆イソフラボンを摂り過ぎないように注意は必要です。

逆に塩分・脂肪分の多いスナック菓子やファストフード、甘いお菓子・ケーキ甘い飲み物・清涼飲料水などコーヒーなど過剰摂取する事で栄養が偏りイライラ感を増してしまう事があるそうです。

食品とストレスがこんなに関係深いとは知りませんでした…

本当に食事って大切!

オペレーターの中では、先日、子供に『ママは、いつも怒ってるよね~』と言われて、
より食事に注意して、イライラやストレスとさよならしたいと思いますとの事。

最後まで、お付き合いありがとうございました!

コメントを残す

*

three × two =