健康豆知識

夏バテだけじゃない!夏太りにも注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

夏の蒸し暑さで夏バテにならないか心配ですが、夏太りも注意が必要です。
今回は、なぜ夏太りに気を付けなければならないのかをご紹介します。

夏バテ・夏太り

夏は基礎代謝量が低下する

意外かもしれませんが、外気との温度差が少ない夏は身体を平熱に保つのに必要な
エネルギー(基礎代謝)が低くなりがち
なのだそうです。
さらに夏は、身体を動かすことが億劫になってしまうのも一因です。

水分の摂り過ぎによる「むくみ」

ついつい暑いからといって水分を多く摂ってしまいがちですよね。
汗をかくと塩分が必要になり、塩辛いものが食べたくなったりします。
あまり濃いものを食べるとむくんでしまうのでお気をつけください。

ちなみに糖分の多いジュースやアイス、糖質だけの麺類もむくみを悪化
させてしまいますので注意!

「食べないと!」という思い込み

夏太りしやすい方の特徴としては、脂っこいものを食べたくなる傾向があるそうなので、
体力を付けて暑い夏を乗り越えようとしても、食べるものを誤ってはいけません。
区別を確りとつけましょう!

冷たいものは油分も甘みも感じにくい

夏の定番でもある冷やし中華やビシソワーズなどは意外と油分が多く、
カロリーも高い
そうです。
アイスやプリンは、甘いうえに歯ごたえがなく、ついつい食べ過ぎてしまうので注意!

水分補給の為のスポーツ飲料も飲みすぎるとかなりのカロリーを摂取してしまうので、
コップ一杯だけ!など、少量ずつ飲むように制限すると良いですね。

夏休みのシーズンがそろそろ始まりますが、夏は海水浴や山登り、花火大会などの
楽しい行事が満載なので、生活リズムが乱れがちになってしまいます。

生活リズムを整えないままでは、脂肪が蓄積されやすい体質になってしまうので、
メリハリが必要です。

暑い夏に気を付けたい夏バテと夏太り。
何事も思い込みとし過ぎは禁物です。
楽しい場面はしっかり楽しんで、休むところはしっかりと休みながら
有意義な日々を送っていきましょう!

コメントを残す

*

14 − thirteen =