健康豆知識

加齢臭の対策法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

中高年になると男女問わず出てくる「加齢臭」。
多くの方々は加齢臭を意識されていると思います。

加齢臭を過剰に気にする必要は無いと思いますが、仕方ないと思わずに、
人間関係を保つエチケットとして、その原因を把握しておくことが大切です。
今回は加齢臭を発生させる原因と、加齢臭の発生元についてご紹介します。

加齢臭の原因

結果から申し上げますと、【ノネナール】という物質が加齢臭の原因です。
この物質は、皮脂腺の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸と過酸化脂質が結びつく
ことによって作られる物質
です。

一般的に40代を超えてくると男女関係無く加齢臭が発生してきます。
その理由は、40代からパルミトオレイン酸と過酸化物質が増加するためです。

若い年代の男女にはノネナールはほとんど存在していないため、加齢臭は加齢によって
徐々に臭いが出始めます。

加齢臭

加齢臭は体のどこから発生するの?

よく言われるのが耳の後ろ側からです。
その他、顔の部分では頭皮首の後ろ側ひたいから鼻に掛けてのTゾーンなどからが、
臭いがしやすいです。

加齢臭対策にビタミンが効く?

加齢臭を作る過酸化脂質を増やしてしまう活性酸素を増加させないためには、
まずストレスのコントロールが重要な項目となります。

食事でもビタミンC・Eを積極的に取り入れることで、加齢臭を抑制することが可能です。
※ビタミンCやEが抗酸化作用を持っているためです。

中高年の約8割は加齢臭を気にしていると言われていますが、ビタミンC・Eを
積極的に摂る事とストレスを溜め込まない事に注力して、加齢臭を抑制していきましょう。

コメントを残す

*

5 + nineteen =