スタッフの日常

健康相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークスタッフのあお3です。

健康食品の会社に勤めているおかげか、
友達からよく健康について質問される事があります。
お医者様では無いので、あくまでもいろんな原因がある事を伝えて、
病院へ行って診断して貰う事を薦めるのですが・・・。

先日は、微熱がずーっと続いているという質問でした。
私自信も、夜になると基本微熱が多く、一度診て貰った事もありますが、
原因不明なので、ストレスだと簡単に片付けられてしまいました。

その友達も、同じ様に原因不明だからストレスだと言われ、
ストレスと言われてもピンとこず、微熱続きなのが気になる様です。

そもそも、人の体温のメカニズムという物がわからないので、
気になって調べてみました。

体温計

そもそも微熱という定義は、医学的に37℃代を指すそうです。
平熱が低い人にとって、37℃代は立派な熱な気もしますが、
あくまでも医学的に・・・という見解でという事なのだそうです。

熱はそもそも、食べ物から得られた栄養をエネルギーに変える時、
直接使用されなかった、残りのエネルギーが熱になり、
人間の場合は、75%以上が熱に変換され、体温を維持しているそうです。

体温が上がりすぎてしまった場合は、暑いと感じて汗をかき、
下がってしまった場合は、筋肉を震えさせて熱を発生させる、
といった指令が脳から出ているそうです。

風邪を引いた時など、『発熱は病原菌と戦っているんだよ。』と、
言われた事がある様に、発熱をしているのは
ウイルスの侵入をうけた生体にとって、発熱した方が有利だという事から
だと考えられているそうです。
ウイルスの撃退が終了したら、今度は体温を下げようと、
大量の汗を書くのですね!

今の流れからいくと、微熱が続くという事は、
何らかウイルスと戦っているのか・・・とも考えられるのですね。
ただ、検査しても原因がわからないという事は、ストレス・・・という、
お医者様の見解なんでしょうか・・・。

人体って解明されている様で、まだまだ解明されていない事ばかりなんですね。

コメントを残す

*

16 + five =