健康豆知識

ヨーグルトを食べるタイミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

身体の健康や美容のために、ヨーグルトを食べている方はいらっしゃると思います。
実は、食べるタイミングでヨーグルトの効果が変わるのはご存知でしたか?

ヨーグルトは…

  • ピロリ菌などの悪玉菌を減らす
  • 免疫細胞を増やす効果が強い
  • 一部の乳酸菌は、胃酸に強く、生きたまま腸に届く
  • 腸のぜん動運動を活発化させる
  • 栄養素の吸収を円滑にする
  • 便秘による肌荒れを改善するので、美肌効果にも期待

食前と食後どっち?

乳酸菌は胃酸に弱く、空腹時に食べ物を食べると盛んに分泌され、食べ物によって薄まるので、
そのため、乳酸菌の効果を最大限に生かすのは、食後のほうが効果的なのだそうです。

美肌づくりは夕食がおすすめ

ヨーグルトに含まれているカルシウムは、寝ている間の肌や骨の修復には必須です。
食品に含まれている栄養素がカルシウムの吸収率を下げてしまうことがあるので、
食前にヨーグルト食べると美肌のために良いみたいです。

朝と夜どっち?

一日の活動をスタートする朝は、腸が刺激されることで、排便や代謝アップにつながります。
昼と夜に比べて、便の回数も増加するそうです。
便秘を改善するには、朝食後に食べた方が良さそうですね。

一方夜は、身体を修復する時間です。
夕食後のデザートや小腹が空いたときに低カロリーで消化が良いヨーグルトがオススメです。

効果を見極めよう!

効果を感じるにはある程度の時間が必要だそうです。
まずは2週間ヨーグルトを食べる習慣を続けてみましょう。

様々な種類のヨーグルトがありますが、人によって相性があるそうです。
改善がみられない場合は、違う菌が含まれたヨーグルトを試してみる
のも手ですね。

コメントを残す

*

3 × 3 =