健康豆知識

夏にスイカを食べよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

暑い夏ではスイカが市場に出回り、食べる機会もあるのではないでしょうか。
デザートや贈り物として利用されるスイカについてお話していきたいと思います。

スイカの種は食べられる?

スイカを食べるときに種が邪魔になりますよね。
全て取り除いてから食べる人もいれば、気にせずに食べる方もいらっしゃいます。

種を飲み込むと虫垂炎になるは迷信だそうです。
スイカの種は食べてもまったく問題無く、飲み込んでも消化されずに排出されます。
また、種の主成分は脂質とタンパク質で、仮に消化したとしても問題ありません。

すいか

スイカに多く含まれるシトルリン

シトルリンは体内で一酸化窒素を生成して血管を拡張する作用があるそうです。
シトルリンはメロンやきゅうりなどに多く含まれますが、中でもスイカは圧倒的な含有量です。

エアコンの使用で血流が悪くなると、むくみ、冷え性、肩こり、肌荒れなどが起こりやすくなります。
また水分が不足し、血液がドロドロになりやすいこの時期は脳梗塞や心筋梗塞のリスクが
高まることがあるそうです。

シトルリンは血管を拡張する作用があるので、これらの不調を改善することができますね。
スイカは他にカリウムが含まれていますので、体内の水分量を調整するのにも役立ちます。

皮の部分にシトルリンが多く含まれているので、一番厚い、緑色の外側の皮だけ取り除き、
漬物や味噌汁の具などに使ってみるのも良いそうです。

コメントを残す

*

five − three =