健康豆知識

ウイルス性結膜炎について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

この寒い時期では、風邪を引くことが多いと思います。
今回は、風邪の合併症として起きる結膜炎について、お話させて頂きます。

結膜炎

ウイルス性結膜炎とは?

ウイルス性結膜炎とは、結膜に炎症が起こって充血し、目やにが出たり涙が自然に出て、
ゴロゴロした目の痛みが出てきます。

原因のウイルスには、アデノウイルスエンテロウイルスヘルペスウイルスなどがあります。
いずれも他者からの感染で発症するものだそうです。
また、感染力が強いので、家族内や学校内での集団感染などの原因にもなってしまいます。

風邪の合併症として起きる結膜炎では、風邪ウイルスは結膜炎ウイルスと似た性質を
持っている為、風邪を引くことで風邪ウイルスが目にまわり、結膜炎を引き起こす
ことがあるそうです。

結膜炎の感染を予防する方法として

ウイルス性の流行性角結膜炎急性出血性結膜炎咽頭結膜熱は人から人へ感染しますので、
結膜炎の人がつり革やドアノブを触り、そのつり革やドアノブを触って目をこするだけでも
感染してしまいます。

なので、外出時にはなるべく目をこすらない、外出後の手洗いを徹底する
ことなどが日常的にできる予防として非常に大事だと思います。

無意識に目をこすったりすることもあるかと思いますが、なるべく意識して予防していきましょう。

コメントを残す

*

eight + nineteen =