健康豆知識

今話題のベジブロスとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

皆さんは「ベジブロス」をご存知ですか?

野菜の”ベジタブル”とだしを意味する”ブロス”をあわせた言葉で、その名の通り、
“野菜からとるだし”のことです。

具体的には、料理で普段は使わずに捨てられる野菜の茎やへた、皮、種を利用して
野菜のだしをとることを言います。

皆さんもご存知かと思いますが、野菜の茎やへた、皮、種などの食べられない
と思われていた部分には、野菜の栄養が凝縮されています。

この栄養たっぷりのベジブロスには、ファイトケミカルという機能成分が満載なのだそうです。
ファイトケミカルというと、抗酸化作用があり、免疫力を向上させる効果があるとされ、
近年、注目が高まっています。

ベジブロスのここがすごい

  1. 料理のおいしさを引き立てる「だし」として活躍
  2. 野菜を有効活用できる
  3. 免疫力アップ
  4. 抗酸化力アップ
  5. 抗がん作用も期待できる

ベジブロスの材料

基本的にベジブロスの材料にならない野菜はなく、複数の種類を煮込むほど
美味しく仕上がるそうです。

それぞれの野菜のうまみの相乗効果で、より一層、美味しく仕上げるために
最低限5種類以上の野菜を使うようにすると良いそうです。

しかし、キャベツやブロッコリーなどアブラナ科の野菜は独特の風味が出るそうなので、
入れ過ぎないように注意していきたいですね。

ベジブロスの作り方と保存

両手いっぱいの野菜に水と料理酒をお鍋に入れて、20~30分コトコトと煮込んで
こすだけだそうです。
そうすると、野菜の栄養が満載のだしが完成します。

保存する際は、冷蔵も冷凍も可能だそうです。
冷蔵庫で保存する場合は、1週間で使い切りましょう。
冷凍庫で保存する場合は、2~3ヶ月程もつそうです。

普段捨ててしまう部分を利用して、栄養たっぷりの野菜スープが出来上がるので、
ムダが一切無ないですね

コメントを残す

*

twelve − 6 =