健康豆知識

あなたの血管の年齢を若くしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

人は血管とともに老いると言われるほど、血管の状態は健康状態が
反映するそうです。

血管年齢が若返ると、心も身体も健康で若々しくなるそうです。
しなやかな血管を保つための食事法をぜひ取り入れて、病気になりにくい
身体を作っていきましょう!

血管年齢って何?

血管年齢は、血管の老化度合いの目安を示します。
具体的には、血管の硬さを表して、硬くなるほど老化が進んでいきます。

血管がしなやかであれば、全身の隅々まで栄養素や酸素がいきわたり、
疲労物質や老廃物もきちんと排出されるそうです。

血管が硬くなる原因とは

血管が硬くなるのには、2つの理由があるそうです。
1つ目は、血管自体がしなやかでも血圧の上昇やストレス、喫煙などで
血管が縮んで硬くなった状態です。

2つ目は、加齢や生活習慣の乱れからくる高血圧や高血糖、高コレステロール状態が
続くことで動脈硬化が進み、血管そのものが老化して硬くなっている状態です。

いずれも一時的な負荷が積み重なると血管自体の老化に繋がるそうなので、
年齢に関わらず、早いうちからのケアが重要ですね。

血管年齢

血管を若返らせるには

1.血管に良い食材を積極的に食べる

動脈硬化の原因となる中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす青魚。

くるみなどのナッツ類やえごま油は、血管の柔軟性や修復に必要な
α-リノレン酸が豊富に含まれているそうです。

葉物野菜は、血管を傷つけて老化させるホモシステインという物質を
取り除く作用がある葉酸が豊富に含まれているそうです。

2.野菜から食べる

野菜に含まれる食物繊維が、コレステロールが吸収されるのを抑える働きと
腸管での糖質の吸収を抑える働きがあるそうです。

  
いくつか食材を挙げさせて頂きましたが、食べ過ぎも禁物です。
カロリーオーバーや塩分過多、栄養バランスの乱れに繋がらない様、
腹八分目の感覚を身体に染み込ませておくことが大切かもしれませんね。

コメントを残す

*

12 + 10 =