健康豆知識

マダニに注意!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

最近、テレビのニュースやYahooニュースで散見される「マダニ」のニュース。

SFTSというウイルスがマダニの中で媒介して人に感染し、感染した人々が発熱や
出血などの症状を訴え、これまでに53人が感染し、21人が死亡しているという
ニュースがありました。

このウイルスを持ったマダニが北海道から九州まで23道府県で見つかったそうです。

このウイルスに有効なワクチンは現在は存在しなく、厚生労働省が注意を呼びかけている
とのことです。

マダニとは?

ダニと聞くと、家の中のカーペットや畳に住む小さな生物を連想するかと思われますが、
実はマダニとは全く別の種類の生き物になります。

同じダニの種類には違いありませんが、生息地や生態は全く異なっています。

マダニの生息場所

マダニを媒介した感染症

主に草木の葉っぱやシカやいのしし、野うさぎなどの野生動物が
没する環境に多く生息しています。

重症熱性血小板減少症候群
 ⇒、頭痛などの症状を引き起こし、
   最悪の場合、死に至ることもあります。

ライム病
 ⇒傷口近くから赤い斑点が現れ、全身の倦怠感、寒気、頭痛、
  嘔吐、発熱、関節痛などの症状が現れます。

日本紅斑熱
 ⇒症状は風疹に似ていて、発疹や発熱の症状が起こります。

マダニから身を守るためには?

野外(特に山林)では、腕・足・首など、肌の露出を少なくすることを心掛けましょう!
上着や作業着は、家の中に持ち込まないようにし、シャワーや入浴をしているときに
ダニが付いていないかチェックをしましょう。

ガムテープを使って服に付いたダニを取り除く方法も効果的です音譜

マダニの多くは、春から秋(3月~11月)にかけて活動が活発になりますが、
冬季も活動する種類があります。

これからの時期、だんだんと気温が上がって外出することも多くなってくる
と思いますので、マダニ対策を意識していきたいですね。

コメントを残す

*

twenty − one =