健康豆知識

正月の定番「甘酒」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

初詣に行かれた方はいらっしゃいますか?
神社では、甘酒が振舞われる地域もあるそうです。
本日は、甘酒のもつ健康パワーについてご紹介いたします。

甘酒はお酒なの?

甘酒は「」の文字が入りますが、甘酒のアルコール分はわずかです。
また、市販されているもののほとんどはアルコール度数1%未満で、
飲料としてはソフトドリンクに分類されています。

主な原料は酒粕や米粕です。
どちらもアルコールは含まれますが、
とても微量なため、未成年でも飲むことが出来ます。
ただし、小さいお子様やアルコールに弱い方は気をつけましょう。

甘酒

甘酒による身体への影響

甘酒にはオリゴ糖、アミノ酸、ビタミンB1、ビタミンB2
ビタミンB6、葉酸、食物繊維
などの成分が含まれます。

オリゴ糖や食物繊維は腸内環境を整え、便秘解消や免疫力アップ、
肌荒れの改善に役立つそうです。

ビタミンB群は糖質や脂質の代謝を促し、エネルギーに変えるのを
助けてくれるそうです。
疲労回復にも役立つそうです。

苦手な人でも飲みやすく

酒粕や米麹を豆乳に加えたり、味噌汁やスープに加えたり、ヨーグルトに混ぜたり、
アレンジ次第で取り入れやすくなります。
お正月に限らず、日常生活の中で取り入れるのも良いと思います。

コメントを残す

*

19 − eleven =