健康豆知識

マダニ感染症に要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

山登りやキャンプには要注意!
本日はマダニ感染症についてお話致します。

秋は紅葉の季節。
山菜採りに行ったり、山登りをしたりと計画を立てている方は少なくないと思います。
そんなときに気をつけたいのが「マダニ」です。

特定のウイルスや細菌をマダニが持っていると、噛まれたときにマダニ感染症に
かかってしまう可能性があるそうです。
なんと50代以上の感染者の致死率が高く、厚生労働省が注意を呼びかけているほどです。

バイオシャーク サメ軟骨 健康食品

マダニ感染症とは

そんなマダニ感染症の正式名称が「重症熱性血小板減少症候群」で、
通称SFTSと言います。

噛まれたり、刺されたからといってすぐに発症せず、約6日間~2週間前後に
発症するとみられているようです。

マダニ感染症にかかった場合の初期症状は次の通り。
・発熱、倦怠感、吐き気、食欲低下、下痢、血尿、血便、筋肉痛、失語

感染すると血小板や白血球が減少してしまうそうです。
この感染症に有効なワクチンは無く、対症療法しか望めないそうです。

マダニ感染症にかからないための対策

マダニは春から秋にかけて活動し、山や草むらが多いところに生息しています。
また、民家の裏山や裏庭、畑やあぜ道などの身近なところにも生息しているので、
手足や首の露出はなるべく控えたほうが良さそうです。

ただし、完璧に防ぐのは難しいとされておりますので、マダニ用の虫除け剤を
使用したり、帰宅後、服にマダニが付いていないか確認し、付いていたら
ガムテープなどで取り除きましょう。

大切なことは、マダニに噛まれないように気をつけること。
お出掛けされる際はお気をつけくださいね。

コメントを残す

*

seven + twenty =