健康豆知識

眠気を覚ますツボ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

春先は暖かい陽光で眠気が強くでてしまいますよね。
本日は眠気を覚ます技やツボをご紹介します。

ツボ押し

■中衝(ちゅうしょう)

中指の爪の向かって左側、生え際の2mmほど下を反対の指で強く揉みます。
両方の指を行いましょう。

■労宮(ろうきゅう)

手を握ったときに中指の爪が当たる部分になります。
ボールペンなどで強く押してみましょう。
上半身の血行を良くするので、肩こりにも効果があります。

■合谷(ごうこく)

眠気を抑え、全身の血行を良くするツボです。
親指と人差し指を開いたときに、指の骨のラインが交わる部分を言います。

押す時は、まず手の甲をつかむようにして、反対の手の親指を合谷のツボに
爪を立てて、人差し指の方向に徐々に力を入れていきます。

他にも、風府(ふうふ)、百会(ひゃくえ)、足臨泣(あしりんきゅう)、
陰白(いんぱく)というツボに、眠気覚ましの効果があります。

自分に合ったツボを探し出してみてはいかがでしょうか。
睡魔を追っ払ってスッキリした頭で臨むと、良いことがあると思いますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

three × 1 =