健康豆知識

肥満の怖いリスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

この三連休は、どのような場所に行かれましたか?
昨日は海の日でも御座いましたので、海水浴やBBQを楽しまれる方も多く
いらっしゃったのではないかと思います。

この夏、食べてばかりで少し太ってしまったという方もいるのでは?
太ってしまったという方、肥満には十分にお気をつけ下さいね!

人は年齢を重ねるごとに老化で筋肉量が減り脂肪が蓄積しやすい状態になる
傾向があるかと思います。

体重計

社会人になってから太ったという方は多いのではないでしょうか?

肥満の方は、脂肪細胞から分泌されるアディポサイトカインの1つである、
PAI-1の濃度が高い為、血液が固まりやすくなってしまうそうです。

そのためPAI-1の濃度が高い肥満の方は、慣れていない激しい運動をすると、
急激に血液が固まり、血管が詰まってしまう状況にもなりうるそうです。

皆さんもご存知の通り、肥満は血管が詰まりやすくなってしまうだけでなく、
足腰にも負担が掛かる為、膝痛や腰痛などの原因にもなります。

自分自身の適正体重を確認して、健康を維持していきましょうね!

コメントを残す

*

5 × one =