健康豆知識

偏頭痛を放置したら・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

日本では、約840万人が偏頭痛に悩まされていると言われております。
その偏頭痛などの慢性的な頭痛を放置していると、いつしか脳過敏症候群になって
しまっているという場合もあるかもしれません。

偏頭痛は、脳の興奮によって起こるとされております。
脳が外的な刺激に敏感に反応して脳の血管が広がり、血管の周囲にある三叉神経が
刺激されて激しい痛みを発症します。

いつもの頭痛だから鎮痛剤で痛みを我慢していると、脳の興奮がどんどんと蓄積され、
さらに深刻な症状を招いてしまう結果になりかねません。

偏頭痛を抱えている方は、対処を誤ると脳過敏症候群になってしまう可能性があります
ので、その前にまずは適切な治療を行うことが大切です。

偏頭痛

脳過敏症候群の危険性チェック!

子供の頃を思い出してチェックしましょう。

  1. 低血圧気味
  2. 乗り物酔いをしやすい
  3. アレルギー疾患や喘息になった事がある
  4. 2親等以内の家族に片頭痛の人がいる
  5. 落ち着きがない
  6. 寝言を良く言う
  7. 寝相が悪い
  8. 就寝中に歯ぎしりをする

3個以上あてはまった人は、子供の頃に偏頭痛を患っており、
脳過敏症候群になってしまう可能性があります。

また、3つ以上あてはまり、現在、めまい、耳鳴り、不眠の症状があると、
脳過敏症候群の可能性があります。

ちなみに脳過敏症候群かどうかは、脳波の計測で分かるそうです。
過敏症候群まで進んでしまった場合、溜まりに溜まった脳の興奮状態を元に戻すのに、
長期的にわたる根気強い治療が必要になるそうです…

この先、深刻な症状で悩んでしまわないように、偏頭痛を放置せずに病院に掛かって
適切な処置を行なってもらいましょう。

コメントを残す

*

17 − 13 =