健康豆知識

万が一に備えて-台風編-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

8月に続き、9月も台風の接近・上陸が多くあるそうですが、現在、
フィリピンの東の海上で台風16号が発生した模様です。

来週の始めには日本に近付く恐れがあるそうです。
これから近付いてくる台風に備え、今から知識を蓄えておきましょう。

本日は、「台風」の場合の対応について調べましたので、
ご紹介させていただきます。

台風

台風が接近・上陸して暴風雨になったら

基本的には絶対に外出せず、屋内で待機し、台風が通り過ぎるのを待ちましょう。
※屋根など補修が必要な部分は事前に行っておきましょう!

地下施設に居るときは外の状況が分かりづらく、もし地上が冠水した場合、
水が地下に流れ込んで外に出づらくなってしまうので、いち早く地上に出て、
地形が高いところへ避難するようにしましょう。
もちろん、山などの急な斜面には近付かないこと!

避難

行政から避難準備情報が出たら、高齢者や乳幼児の方を優先に避難させましょう。
避難勧告が出たら戸締りして近所の方に声を掛け、複数で避難しましょう。
履いていく靴は、運動靴やトレッキングシューズなど動きやすい靴が良いです。

避難する際の服装は、動きやすい長袖と長ズボンを着用。
頭を保護するヘルメットを着用し、軍手もはきましょう。
非常用品はリュックに入れて両手が空いている状態にしましょう。
ここは、大雨の時の対応と同様ですね。

外に出られる状況ではない場合、なるべく高い場所に移動し、
消防、警察、自治体に救助の要請を行なって待ったほうが良いと思われます。

台風の時は、強い風に合わせて強い雨が降る場合が多いかと思います。
気象情報を見れば、事前に台風の情報が流れてきますので、毎回確認して、
準備を行ないましょう。

コメントを残す

*

8 + 14 =