健康豆知識

秋の温泉めぐり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

日本人なら誰でも好きな温泉。
友達や家族でワイワイと楽しむのもひとつですが、なんといっても
温泉に浸かって心と体を癒すのが醍醐味ですよね!

温泉の効果を文字に表してみると。。。

薬理作用…「肌がすべすべになる」「冷え性に効く」等々、泉質がもたらしてくれる効果。
物理的作用…温熱効果による血行促進や水圧によるマッサージ効果などが期待できます。
転地作用…いつもとは違う場所に行くということが心理的にリフレッシュ効果をもたらします。

温泉気分

温泉と言えば

美肌効果を期待したいところですが、泉質によって違うことはご存知でしたか?

よく美肌に良いとされているのは、アルカリ性の温泉ですね。
アルカリ性の温泉は肌の角質を軟化させるため、肌がすべすべになるようです。

逆に酸性の温泉は、皮膚を活性化させて古い肌を剥がし、
新しい肌に刺激を与えて、自然治癒力を高めるそうです。

慢性皮膚病でお悩みの方は、酸性の温泉が良いみたいですね。
普段から体を酷使している方やストレスが溜まってきている方は、の涼しさを
肌に感じながら紅葉を見つつ、温泉に浸かられてはいかがでしょうか?

お金と時間を掛けて来た温泉では、その都度、感じたことを言ってみると、
温泉をより効果的に、楽しくリフレッシュできるかと思いますよ!

コメントを残す

*

2 × five =