健康豆知識

ヒートショックにご用心!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

日々、寒さが増していますが、皆様のご体調はいかがでしょうか?

外で冷えた身体を温めるのに、お風呂に入る日も増えてきたかと思います。
お風呂に入る際には、ヒートショックに注意してくださいね。

ヒートショックになる原因

ヒートショックを起こす原因は10度以上の温度差がポイントです。
お風呂に入るとき、浴室に入るまでのあいだに身体が冷え、血圧が上がり、
42℃以上のお風呂につかると、体が温まって血管が拡張して血圧が下がります。

このとき血圧が下がりすぎて脳に血液が回らなくなり、脳貧血や脳梗塞を起こすそうです。
また、心臓への血流が低下すると心筋梗塞を起こすことも。

原因が体調にあることもあり、高血圧、糖尿病、動脈硬化症の方、65歳以上で肥満体質の方、
お酒を飲んでいる方は危険性が高い
そうです。

予防するには

やはり温度差が予防のポイントですね。
温度差を少なくするために、脱衣所や浴室を暖かくしておきましょう。
お風呂につかる前に1杯の水を飲み、血液が体中を巡るようにしておきます。

ご高齢の方は温かさを感じるまでが遅いということもあり、熱いお風呂を好みがちです。
お湯を38~41度にして、ゆっくりとつかるようにしましょう。
つかる際には、寝るような姿勢や半身浴にすることで、脳や心臓への負担を軽くできるそうです。

ヒートショックを起こした人への対応

呼吸をしていない場合は、一刻も早く人工呼吸を始めなければならないので、浴槽から出す必要が
ありますが、意識を失っている成人を動かすのに相当の力が必要で難しいかと思います。

そのときは浴槽のお湯を抜き、顔をお湯から出して助けを呼びましょう。
浴槽から出したら、仰向けにしてあごを上げて気道を確保、これでも呼吸がなければ救急車を呼ぶ
とともに人工呼吸を心掛けてください。
大事に至らないように、ご家族で声掛けをしていきたいですね。

コメントを残す

*

3 × 5 =