健康豆知識

乾燥ケアはお早めに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

前回の記事はご覧になられましたか?
前回のブログ【乾燥の影響はでていませんか?】
ご自分の肌質を調べる良いチャンスなので、見てみて下さいね。
さて本日は前回に続き、乾燥をテーマにお話ししていきますよー!

かかとの乾燥

乾燥する時期に特に悩む女性が多い「かかと」のひび割れ…
ストッキングをはくときや布団に入って寝る時など、かかとが引っかかり「イタッ!」っていうときはありませんか?

まず、かかとの基本的な構造としては、元々角質層が多く、顔の場合は7~8層もしくは14~15層くらい角質層で守られてますが、かかと部分は150層程度にもなります。
また、かかとには皮脂腺が無い為、顔と同じように油分を与えてあげる必要があるそうです。

かかとの角質層が150層にもなるのはビックリですね。
皮脂腺が無いという事は、自分で保湿してあげることがとても大事です。

かかとケア

かかと以外にも…

この時期に乾燥しやすいのは脚の「粉ふき肌」…
特に女性は気になる部分ではないでしょうか?
脚の中でも特に乾燥しやすくカサつきやすいのは「すね」の部分。

寒さや乾燥によって肌の細胞に元気がなくなり、正常角層づくりが行なわれなくなって、肌の柔軟性がなくなってしまいます。
その結果、角層に亀裂が入り、粉ふき肌になってしまいます。
そのままにしておくと、かゆみをともなう湿疹や皮膚炎になる場合もあるので、早い段階で治すことが大事です!

こういった経験をお持ちの方は、ボディークリームで保湿されているかと思いますが、毎日こまめに保湿することが大事ですよね。

クリーム

前回から続けて「乾燥」をテーマにお話しさせて頂きましたが、少しでも知識は深められたでしょうか。
これからますます乾燥しやすい時期がきますので、肌が乾燥してしまう前に早め早めのケアをしたいですね。

コメントを残す

*

11 + 2 =