健康豆知識

ココナッツオイルの不思議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

ココナッツオイルはご存知でしょうか?
お肌の保湿や匂い付けなどで、よく使われているかと思いますが、
食用油としても使われているそうです。

徐々に認知度は上がってきているみたいですが、食用油としてはまだまだ
馴染みがないですよね。

そこで今回は、ココナッツオイルの具体的な健康効果について調査してみました。

ココナッツ

具体的な健康効果とは?

ココナッツオイルは、飽和脂肪酸が多く含まれている油です。
飽和脂肪酸と言うと、コレステロール値が高くなったり過剰摂取すると動脈硬化に
なりやすくなったりと、健康志向の方からするとあまり良い印象ではないですよね。

ちなみに飽和脂肪酸には長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸に分類されます。

長鎖脂肪酸…

必要に応じて分解されてエネルギーとなるため、余った脂肪は体内に蓄積される。

中鎖脂肪酸…

エネルギーへと効率よく分解され、体内に蓄積されない。

この中でも、ココナッツオイルは中鎖脂肪酸なので、脂肪として体内に蓄積されない油なのです。
ダイエットをお考えの方には嬉しい情報ですね!
また、オリーブオイルと同様にトランス脂肪酸も含まれません。

そのほか、ビタミンEを多く含んでいるので、美肌やアトピーに対する効果や免疫力アップ、
甲状腺の機能維持などへの効果に期待が寄せられています。

健康志向の方は、ぜひとも一度試してみるのも良いかと思います!
この機会に、以前ご紹介したオイルプリングもご一緒に試されてはいかが?

コメントを残す

*

18 − 2 =