健康豆知識

足の指がつる原因とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

運動をしているときや足の指だけを動かしたとき、または、寝ているときに
足の指がつってしまったということはありませんか?

足の指がつるということは、何を意味しているのでしょうか?
本日はその原因についてご紹介します。

足の指がつるときの状態は?

自分の意思とは関係なく、足の指が硬直して筋肉が収縮し、痙攣(けいれん)状態になります。
この場合の多くは痛みが発生します。

脚がつる

足の指がつる原因とは?

足の指がつるのは運動不足のときや、普段とは違う動きをしたときに起きやすいようです。

1.足の筋肉の疲れ

運動などで足の筋肉を使うと、急速にカルシウムやナトリウムなどの
ミネラル分が消費されていきます。

運動を続けると筋肉疲労が蓄積され、足や足の指がつりやすくなるそうです。

2.体内のミネラルバランスの乱れ

運動中などに水分が不足して脱水症状になると、体内のミネラルバランスが
壊れてしまうそうです。

筋肉や神経の動きを調整するミネラルの働きが乱れて、筋肉が異常な状態になり、
痙攣を起こすとされているようです。
この場合、特にカルシウムやマグネシウム不足が原因だそうです。

3.足の筋肉の冷えや血行不良

身体の冷えは筋肉の冷えに繋がり、血行不良を引き起こすそうです。
すると神経の働きが鈍り、足の指がつるのではないかとされています。

その他、状況に限らず足の指が頻繁につってしまう場合は、何か重大な病気が
潜んでいる場合がありますので、早めに医療機関に受診されてみてください。

足の指がつるという何気ないことも、身体の異常を知らせるサインである
可能性は少なくありません。

しっかりと休憩をすることや睡眠不足、運動不足を解消するなど、
生活習慣の見直しを行なっていきましょう!

コメントを残す

*

four × 1 =