健康豆知識

朝食は重要ですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

あなたは朝、昼、夜の3回で食事をとられていますか?
食事の回数や量を極端に減らしたり偏った食事を続けていると、健康へどんな影響が
あるのでしょうか?

本日は朝ごはん抜きの生活を続けると、健康にどんな影響があるのか調べてみました。

朝ごはんを食べない人は増加している?!

厚生労働省の資料では、朝食の欠食率の1975年から2012年までの経過変化をみると、
20歳代男性で15.5%から29.5%、20歳代女性で11.7%から22.1%へと増加しています。
特に男性の30歳代、女性の20歳代、30歳代で大きく増加しておりました。
資料:平成24年国民健康・栄養調査報告(年次別結果)

朝食が必要な訳とは?

朝食は1日の活動のウォームアップ効果が期待されています。
最近では大学や会社で、学生や社員の生活支援や生活習慣改善を目的として、
朝食を無料または低価格で提供しているところも出てきているそうです。

朝食

■朝食をとれば…■

  1. 脳や体のエネルギー源になる
  2. 生体リズムをつくる
  3. 太りにくい体をつくる
  4. 集中力や注意力がアップする
  5. 生活習慣病を予防する
  6. お通じをスムーズにする

「寝る前には食べない」、「食事は決まった時間にとる」と、一度は聞いたことが
あるかと思いますが、実際には、食事の回数やタイミングは太りやすさに影響することが
分かっているそうです。

2回食は3回食に比べ食後の血糖値が高まりやすいそうです。
一人ひとりのライフスタイルによって少しずつ異なりますが、朝食は午前中の活動を
快適に行なうためのエネルギーとして大変重要になってくると思います。

今まで朝食をとる習慣がなかった方は、バナナ1本、牛乳一杯からでも始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

seven + 7 =