健康豆知識

しもやけに注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

冬の寒い時期は、外にいる間に指先や足先が冷え、しもやけになってしまったという経験が
あるかと思います。

しもやけは、”凍瘡(とうそう)”とも呼ばれており、手や足の先が冷えることによって硬く腫れて、
何もしていないときでも痛くて痒くなる状態があります。
これがしもやけですね。

しもやけ

しもやけの原因とは?

原因は、一日の気温の落差と肌表面の温度に関係があり、寒くなると動脈も静脈も収縮しますが、
動脈は温めるとすぐに戻り、静脈は戻りにくい性質があるそうです。

その時間差によって血液の循環が滞り、足や指の先まで栄養が届かず、うっ血や炎症といった、
しもやけの症状が起こると考えられています。

しもやけへの対処

症状が出た場合は、まず血行を良くすることです。
確り温めてあげる事と湿った状態にしないようにする事が大事です。

40度くらいのお湯と5度くらいの水を用意してしもやけの部分を交互に浸すのを繰り返します。
※お湯で始まりお湯で終わり、お湯に浸す時間を長めにするそうです。

また、入浴中にマッサージを行なったり、血行を促進するビタミンEを摂取されることも
有効みたいです。

赤く腫れている部分を触るだけで痛い状態の場合は、我慢せずに皮膚科に受診されることを
おすすめ致します。

コメントを残す

*

19 − 5 =