健康豆知識

4つの力をチェック!寝たきりにならない為には

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークスタッフの石塚です。

皆さんは一日に何歩ぐらい歩いていらっしゃいますか?
健康を保つのにサプリメントやストレッチなどはもちろん必要ですが、
適度な運動を行なうことの重要性も大きいですよね。

厚生労働省では、令和6年度から開始する国民健康づくり運動である
「21世紀における第三次国民健康づくり運動」を公表されておりますが、1日の歩数の
目標値が20歳~64歳で男女共に8,000歩、65歳以上で6,000歩とされています。

地方自治体でも日常的な運動不足を解消しようと、アプリで歩数を記録するほか、
健康意識を高めるための施策を凝らしているところも多いですよね。

運動不足のままでいるといつまで健康でいられるか分かりませんし、
フレイルやロコモティブシンドローム、挙句の果てには寝たきりなる可能性も・・・
今回は将来寝たきり状態になるのを防ぐために抑えておきたい4つの力と
今の身体の状態をチェックする方法をご紹介させて頂きます。

運動

4つの力をチェックしてみよう!

チェック1:脚の力

歩く、座る、立つ、走るなどの動作は、日常的にある基本動作のひとつですよね。
ただし、これらは一定の脚力が無いと出来ないことでもあります。
自分が今どの程度の脚力があるかチェックしてみましょう。

【やり方】※秒数を数えよう!
1.椅子に浅く腰掛けて、脚を肩幅程度まで開き、手を胸の前で交差させて手のひらを肩にあてる
2.立つ・座るを5回繰り返す
  Point! 膝と腰をしっかり伸ばして立ってから腰を下ろしましょう

全て終えるのに何秒かかりましたか?
12秒未満なら問題無し!

チェック2:バランス力

躓いたり、段差を踏み外して体勢が崩れそうになった時、バランスを保つ力があれば転ばずに
済む可能性が高まります。
バランス力があるかどうかをチェックしてみましょう!

【やり方】※秒数を数えよう!
1.立った状態で腰に手をあてて、上げやすい方の足をあげる
  Point! 上げた脚と軸足の向きを平行にする

腰にあてた手が離れたり、上げた脚が地面に付いたりしたら終了です。
片足立ちで何秒キープ出来るでしょうか?
20秒未満なら問題無し!

チェック3:柔軟力

しっかりと柔軟を行なって股関節等の可動域を広げ、体の柔らかさを保つことで、
急な動きに対応出来るようになって大きなケガに繋がりにくくなるかと思います。
体の柔軟性を今一度、チェックしてみてください。

【やり方】
1.床に両脚を伸ばして座り、壁に背中を合わせる
2.上体を倒しながら両手を足先まで伸ばす
  NG行動:上体を倒す時に勢いをつけない事

床に座るのが難しければ、椅子に座って行なっても問題ありません。
どこまで手が届くでしょうか?
つま先に届けば問題無し!

チェック4:握力

物を掴む、持ち上げる、握るといった動作に握力は必要ですよね。
掃除、洗濯、料理など、普段何気なく行なっていることに於いても、
必ず握力があるから出来ている事かと思います。
今一度、試してみてください。

1.新品のペットボトルの蓋や缶タイプ、瓶タイプの蓋を開けられるか試す
開けることが出来れば問題無し!

上記の4つの中で、1つでも出来なかったという方は日常生活に必要な力が衰えて
きている可能性があるかもしれません。
将来寝たきりにならずに健康でいるためにも、まずは厚生労働省がおすすめする
1日8000歩の目標を目指して行なってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

13 − 1 =