健康豆知識

秋の不調に悩まれてませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

お盆を過ぎたあたりから気温が下がり、暑かった夏も次第に涼しい秋へと移行してますね。
暑さが和らいで、ようやく残暑も乗り切ったと思いきや今度は夏の疲れが出始める頃かと思います。

これからの時季は夏の疲れによるものだけでなく、天気がコロコロ変わる季節にもなっていきます。
体調には十分に気をつけていきたいですね。

秋の不調

気温の変化による自律神経の乱れ

自律神経は体の機能を調整している神経です。
暑い時は末梢神経を拡張して汗を出すことにより、体内の温度を下げます。
寒いときは末梢神経を収縮させて熱を体内にとどめることで体温を保とうとします。

しかし、気温の差が大きくなると温度調整が出来ず、血液循環が悪くなり、
体調不良を起こしてしまう
そうです。

気圧の変化

はっきりした理由は分かっていないそうです。
何やら低気圧にさらされるとヒスタミンという分泌物が増えるそうです。

このヒスタミンは体の外から刺激を受けて分泌されます。
これが過剰に分泌されると花粉症のようなアレルギー症状が起きてしまい、不調に繋がるそうです。

このような秋の不調を避けるには入浴と運動で自律神経を鍛えることが大事なのだそうです。
この時季は日中はまだ暖かいですが、夜は一転して寒くなることが多くなると思います。
一枚多く着たり、長袖を着たりして体が冷えないように確りと対策していきましょうね。

コメントを残す

*

five + 2 =