健康豆知識

世界糖尿病デー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

11月14日は世界糖尿病デーでしたね。
糖尿病について色々考える一日だったかと思います。
今回は糖尿病とはどういうものなのか調べてみました。
ご存知の方もそうでない方もご参考までに。

糖尿病とは

糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンというホルモンの作用が低下したため、体内に取り入れた栄養素がうまく利用されず、血液中にブドウ糖が多くある状態です。

つまり、摂取した栄養素を正常に代謝できなくなった状態となります。
この状態がひどくなるとトイレに行く回数が増えたり、喉が渇いたり、お腹が空く、体重が減る、疲れやすい、手足がつりやすくなる、時には意識障害を起こしたりすることもあります。

治療について

治療には食事療法、運動療法、薬物療法がありますが、食事療法は全ての場合の基本となります。

食事療法では…
1.適正な食事量を摂ること
  医師の指示のもと、適正な体重を保ちながら日常生活に必要な量の食事をとることです。

2.一日3回の規則正しい食事を摂ること
  血糖値を安定させるため、食事の時間と量を毎日守ることが大事です。

3.栄養のバランスが偏らないようにする

4.その他のポイント
  ・主食、主菜やタンパク質が多いおかず、副菜が食卓に揃うようにする
  ・味付けは薄味にする
  ・脂質の多い食品は、あまり多く摂らないようにする
  ・アルコールは原則禁止。お菓子類や嗜好飲料も避けたい。

日常生活で気をつけたい部分としては、
1.食品を軽量する習慣をつけるとともに食事記録もつけて、栄養バランスをつける
2.適正な体重を維持する
3.ゆっくりよく噛んで食べる
4.身体を動かす習慣をつける

これから忘年会シーズンに入りますので、お酒を飲む機会が増えますね。
また、クリスマスなどのイベントもあるかと思います。

糖質が高くて食べれなかったケーキに関しては糖質を制限したクリスマスケーキが
あるみたいですね。
食べるときは栄養のバランスが偏らないように考えて食事することを意識していきたいですね。

コメントを残す

*

11 − 6 =