健康豆知識

甘い物が食べたい!は注意報?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズ コールセンタースタッフのかきみんです。

ここ一か月位前から、異常に甘い物が食べたいんです。
皆様も『甘い物が食べたい・・・』『しょっぱい物が食べたい・・・』と思う時がありませんか??

ちょっと調べてみました。

■甘いものを食べたい時■

甘いものを欲するときというのは、身体が疲れているときや気持ちが不安定なとき
イライラしているときに、チョコレートなどの甘いものが食べたいと感じる人も多いようです。

糖分は脳にとって唯一のエネルギー源であり、運動する際のエネルギー源にもなります。
さらに甘いものを食べると、気持ちを落ち着かせる“幸せホルモン”と呼ばれるセロトニンが
脳から出やすくなります。

考えごとをして脳を使ったり、身体を動かしたり、ストレスが溜まったりするとエネルギー源
として自然に身体が甘いものを欲しがるメカニズムがあるそうです。

■「しょっぱいものが食べたい」と感じるのは?■

しょっぱいものが食べたいと感じたとき、それは身体のミネラルが不足しているときです。
運動をすると、汗とともに塩分を始めとするミネラル分が排出されてしまい、しょっぱいものが
食べたくなる傾向にあります。

特に暑い日に気を付けたいのが熱中症です。
身体から水分とミネラルが奪われた状態で、味が濃いものばかり食べると、更に脱水状態に…

しょっぱいものが欲しいときは熱中症の可能性に気をつけましょう。
また、しょっぱいものばかり欲するときには、腎臓が悪いこともあるので、そのような状況が
続くときは一度専門医に診てもらうといいそうです。

自分の体が出すサインを見逃してはいけませんね!
暑い日もまだまだ続きそうですから、熱中症には引き続き注意をしてくださいね。

コメントを残す

*

7 + sixteen =