健康豆知識

夏の症状を予防しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

いよいよ夏の暑さが本格化する8月。
夏バテや熱中症、紫外線による肌荒れが心配になりますよね。

これらの対策を一手に引き受けるのが、実は身近なあの料理なのです!
そのお料理をご紹介する前に、夏のトラブルと栄養素の関係を見ていきましょう。

夏の症状

熱中症を防ぐカギ!

人は体温を調節する機能が備わっています。
気温や湿度が高くなると、体の熱の放出や発汗によって体温を整えますが、
熱の放出が追い付かなくなると、体温を上手くコントロール出来ず、
その結果、熱中症になってしまいます。

さらに発汗のし過ぎで脱水症状になると、熱中症の症状が重くなるそうです。
塩分は様々な食品に含まれていますが、カリウムは不足しがちなので、
夏場は積極的に摂ることが必要ですね。

夏バテになると栄養素不足になりやすい

夏バテになると食欲が無くなったり、十分な睡眠が取れず、自律神経の乱れを
起こしたりしてしまいますよね。

長期的に続くと疲労回復に働くビタミンB1やビタミンCなどの栄養素も不足
しやすくなります。

気温と紫外線による肌荒れ

夏場の気温変化に応じて毛穴が一定以上の大きさに開き、汗や皮脂によって
ベタつきが目立ちます。

紫外線の刺激によって肌のメラニンを大量に作り出すため、シミの原因になります。
また、肌の乾燥にもなるので、目元や口元の小じわの原因にもなります。

これらは、肌の再生に必要なタンパク質やビタミンA、B郡、Cなどが大量に消費され、
栄養素が不足状態になるので肌荒れに繋がるそうです。

熱中症・夏バテ・肌荒れ対策の共通栄養素

熱中症や夏バテ、肌荒れを防ぐために、夏場に特に不足しやすく、日々積極的に
摂っていきたい栄養素は、「カリウム」「ビタミンB1」「ビタミンC」の3種類です。

これらの栄養素を効率的に摂ることができるのは、実はポテトサラダなのです。

夏の症状

多彩にアレンジできるのもポテトサラダの魅力ですよね。
ぜひこの夏に作って、暑い夏を乗り切っていきましょう!

コメントを残す

*

three × 5 =