健康豆知識

靴下を履いて寝ても大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

日本列島に激しい寒気が入り込み、全国的に大荒れのお天気。
各地で最低気温が更新されるほど毎日寒いですね。

昨日からお客様とお電話で話していても、体が冷えているお話や布団に入ってから
寒くてなかなか眠れないお話をたくさんお聞きしました!

お客様の中で、足先が冷たいから靴下を毎晩履いて眠ると仰っている女性も
いらっしゃいました。
そこで、本日は靴下を履いて眠るお話です。

靴下を練る時に履いてると・・・

靴下を履いて寝る事で足が暖まりやすいように感じますが、調べてみるとあまり
おすすめではありませんでした。

布団の中で暖かくなった体の熱を足から放出する時に靴下を履いていると
熱の逃げ道がなくなり体温調整が出来なくなる恐れもあるとのことです。

睡眠時はだんだん足が暖かくなり、足の裏から汗をかくことで体から熱を放出し
心地よい眠りに入ることができるそうです。
そこから、だんだん足の熱も収まり、体全体の体温調整をしてくれます。
足がずっと温かいままだと深い睡眠がとれず、疲れも取れにくくなってしまうそうです。

寝る

効果的なのは、眠る前に足を暖めること。
マッサージや暖房で足を暖めたり布団の中に湯たんぽをいれて暖めておくのも
おすすめです!

また、体が冷える原因は食べ物や生活の中にもあります。
眠る前に温かい飲み物を飲むのも良いですね。
日頃の生活習慣や食べ物を見直して、冬の寒さを乗り越えましょう!

コメントを残す

*

eight + one =