健康豆知識

冬の節電術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

本日は健康情報を離れて、少し違うお話をさせて頂きますね。
冬は部屋を暖めるため、電気や灯油を消費しやすい季節ですよね。

でも知恵を使えば、浪費せずに暖かく過ごせます。

暖房と言えば、石油ファンヒーターやエアコン、ストーブが代表的ですが、
石油ファンヒーターやエアコンは、フィルターについているほこりを
まめに掃除機で吸い取るだけで燃焼効率がアップ!

その分、電気代も節約できるそうです。

節電

反射式のストーブに関しては、反射板をピカピカに磨いておけば、
熱効率が高くなり、燃料費を抑えることができるそうです。

暖房を点灯したときは、暖かい空気が上に溜まるので、
うちわなどで天井の空気と下の空気を混ぜましょう。

冬の冷気はドアや部屋の隙間から入ってきます。
夜は厚手のカーテンを引いて、座布団やクッションをカーテンの下に置けば、
窓からの冷気をシャットアウト。

ちょっとしたことで効率良く部屋を暖房できるので、
ぜひとも皆さんもお試しください。

コメントを残す

*

three × 3 =