健康豆知識

冷えを撃退!-その2-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

昨日は、足先や指先に冷えを感じ、爪割れ、ささくれができやすかったり、
身体が硬かったり、足の指を動かしづらい方に多い末端冷え性タイプについて
お話させて頂きました。

本日は、深部体温低下タイプについてお話させて頂きます。

深部体温低下タイプ

深部体温低下タイプの方は、身体の冷えで特に腰から下の冷えを強く感じたり、
生野菜、コーヒー、冷たい飲み物が好きだったり、生理不順や生理痛などがある方や
腹筋が弱い、おへその上と下とでは下のほうが冷たいという方に多いそうです。

体温を低下させないために

1.腹巻きしてお腹周りを温め、腹部の温度を上昇させる。

これは、体幹部分に集まった血液を身体中に流れやすくして、
全身の血行を促すそうです。

夏場でも薄手の腹巻きなどでお腹周りを温めましょう。

2.身体を温める効果のある食材を取り入れる。

バランスの良い食生活を心掛けることは重要ですが、
特に身体を温める食材を取り入れることが良いそうです!

3.入浴で身体の芯から温まる。

お風呂はご自分が心地良いと感じる温度で、20分程度の入浴をするのが目安だそうです。

ぬる過ぎると身体が温まらず、熱過ぎても身体の表面しか温まらずに
湯冷めしやすくなってしまうので、心地良い温度で入浴しましょう。

また、身体に水圧がかかり過ぎると、のぼせてしまいそうになるので、
半身浴がオススメだそうです!

深部体温低下タイプ

深部体温低下タイプの方は、身体の内と外の両方をしっかりと温めてあげることが
良さそうですね。

次回は、かくれ冷えタイプについてお話させて頂きます。
明日もまた見に来てくださいね。

コメントを残す

*

six − one =