健康豆知識

1日10分のうつ伏せで腸が若返る?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

老化というと、身体のたるみやシワなど外見に目がいきがちだと思いますが、
体内は見た目以上に老化が進んでいるかもしれません。
そんな体内で老化の進んだ臓器を若返らせ、長生きするための秘訣をご紹介致します。

体内に充満するガスを減らすと若返る?!

腸が老化すると増えるのが「便秘」や「下痢」などの便通異常です。
こういった便通異常を放置していると腸の内壁に異変が生じ、最悪の場合は
炎症を引き起こして死にいたる事態にもなり得るそうです。

ある大学の先生によると「体内に充満するガスを減らせば、腸は若返る!
ということらしいのですが、腸を老化させるガスの正体は
メタンや二酸化炭素などのガスとのこと。

このガスが大量に発生してしまうと、便秘や下痢などの便通異常を
引き起こす原因にもなってしまうそうです。

ガスを発生させてしまう原因は食生活の中にあるとのこと。
それも、日々の食べ物と食べ方にあるそうです。

ガス

1日10分!腸が若返る方法をご紹介!

腸を老化させるガスを減らすためのオススメの方法は
10分間うつ伏せの姿勢をとること」です。

うつ伏せになると、お腹が押されることで小腸全体がまんべんなく刺激され、
小腸のぜん動運動を促します。

さらにその刺激が大腸のぜん動運動を促し、正常な便通が回復する流れになります。
便通が回復することによって、腸内に溜まっていたガスも体外に排泄され、
ガスの減少にもつながるそうです。

また、うつ伏せの状態でゴロゴロと寝転がる動きを加えるとさらに効果的だそうです。
日々の生活で『便秘』や『下痢』に悩まされている方は、ぜひ「10分間うつ伏せ」を
試されてはいかがでしょうか?

コメントを残す

*

6 + ten =