健康豆知識

疲れを回復しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

12月は師走だけあって仕事の追い込み、忘年会で集まったり、年末の大掃除があり、
忙しい日々が続きますね!

少し疲れが出ていませんか?
本日は体力を少しでも回復させる料理をご紹介します。

焼きりんごのお菓子で体力を回復

まずりんごを用意します。
りんごの芯をくりぬいて、バター、シナモン、砂糖を混ぜ合わせたものをつめていきます。

耐熱の皿にりんごを並べ、 皿に高さ1cmほど熱湯を注ぎ、200度のオーブンで約20分、
蒸し焼きにして完成!

りんご

酒粕汁

鍋にだし汁を400cc注ぎ、人参などの根菜類を入れて柔らかくなるまで煮ます。
別の容器にだし汁をとって、酒粕100グラムを溶いで鍋に加えます。
味付けに塩を少々入れます。

お好みで大さじ1程度、味噌を加えても美味しいらしいです!
酒粕は免疫力をアップさせる食品です。

にんにくハチミツ煮

にんにく200グラム分の皮をむき、5分ほど蒸して柔らかくしたものをはちみつに浸します。
食べる量は1日1個が目安です。

こんにゃく湿布

疲れが抜けない時や、風邪の時にこんにゃくの温湿布が効果的だそうです。
こんにゃくは2丁を10分程ゆでて充分温め、タオルでくるみます。
最初は熱いのでタオルを二重か三重にし、これで腹と右の脇腹(肝臓)の上に当てて、
ゆっくり20分程温めます。

こんにゃくが冷めてきたら、タオルの重ねを少し取って、腰より少し上の背骨の
両脇(腎臓)を温めます。
内臓の疲れがとれて気持ち良くなるそうですよ。

複数ご紹介させて頂きましたが、出来そうなものばかりですね。
ぜひともお試しください。

コメントを残す

*

nineteen + 1 =