健康豆知識

男性にも更年期があることはご存知ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

働き盛り世代に多い疾患とされる男性更年期障害
女性特有のものと思いがちですが、実は男性にもあります。

しかし、男性には更年期になったという徴候がありません。
それでは男性更年期障害について少し触れていきたいと思います。

男性更年期障害とは

加齢によってテストステロンという男性ホルモンの一種が減り、
何もやる気がおきない、朝の目覚めがスッキリしない、身体がだるい、
憂鬱な気分にとらわれてしまうなどの症状を引き起こすそうです。
男性の中でも働き盛りの40~50代の中高年に多いと言われています。

テストステロンとは

テストステロンは身体をたくましくする、ひげを生やす、
決断力をつけるなど心身を活性化して、男らしさを発揮するホルモンです。

また、動脈硬化を防ぎ、脂質代謝を活発にして、肥満を防止する働きもあるそうです。

男性更年期障害

男性更年期障害の症状

身体症状は骨・関節・筋肉の痛み、発汗、ほてり、睡眠障害、記憶・集中力の低下などです。

精神症状としては、抑うつ、落胆、苛立ち、不安、神経過敏、生気消失、倦怠感などで、
些細なことでイライラすることが多くなってしまうそうです。

テストステロンの値が下がってくると、内臓脂肪が増えることがわかっていますので、
メタボリックシンドローム等のリスクも高くなってしまいます。

個人差はありますが、ホルモンバランスが緩やかに変化していくため、症状が出ていても
気付きにくい特徴があるようです。

皆様の身の周りに”最近笑っていない“、”新聞が読めない“、”よく眠れない“という方は
おりませんか?

このような状態にある方は更年期障害の可能性が高いそうです。
もし気付いたら早めに医師に相談されたほうが良いかと思われます。

予防しよう!

・ストレスを溜め込まない

テストステロン値の急激な減少をもたらす要因としては、過度なストレスと言われています。

没頭できる趣味を持ったり、楽天的に考えたり、落ち着く音楽を聴いたり、質の良い睡眠を
とったりして、ストレスを溜め込まないようにしていきたいですね。

・運動する習慣をもつ

軽い筋力トレーニングやウォーキングなどの有酸素運動、ストレッチなど、激し過ぎずに
楽しめる運動をしましょう。

コメントを残す

*

nine − one =