健康豆知識

スマホやPCで阻害される眠りをコントロールしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

スマホやPCがあると何か検索したりSNSで人と繋がって会話したりと、画面に集中する
ばかりで眠れず、気付いたら深夜まで操作をしていたということはありませんか?
眠っても「寝てる気がしない」「疲労感がとれない」ということがあると思います。

スマホ・パソコン

光の刺激は、熟睡の妨げになる可能性があります。
今回は、朝スッキリ目覚めるためにはどうしたら良いか調べてみました。

体内時計のリズムを整える

昔から人間には自然のリズムがインプットされているそうです。
朝日を浴びると「セロトニン」が分泌され、暗くなると「メラトニン」が分泌されます。
このホルモンが正しく分泌されることによって体内時計のバランスが保たれています。
まずは生活を見直し、活動と休息のメリハリをつけましょう。

質の高い睡眠をとるために

眠りのホルモン「メラトニン」を高めるには、夜間の強い光を避けることです。
寝る1,2時間前にはスマホやPC、ゲームなどはやめて照明も薄暗くして体に眠る合図を送りましょう。
気分が落ち着く音楽や芳香剤を楽しむのも良いでしょう。

アロマ消灯風呂でリラックス

一日の疲れを癒してくれると言ったら入浴ですよね!

いつもの入浴にお気に入りの精油を加え、消灯して入浴すれば、アロマ消灯風呂になります。
ポイントは湯をぬるめにしておくこと。

アロマの匂いは心身を整えてくれます。
照明も落とすことでメラトニンの分泌を高め、入浴での血行促進、アロマテラピーで
リラクゼーション。
湯冷めしないようにし、熟睡モードに導きましょう。

スマホやPCが使えて便利になりましたが、そのぶん、夜間でも光に当たることが多い現代社会で、
知らないうちにストレスが溜まってしまいます。

疲れたときは、自然のリズムに身体をリセット。
体内時計を整えて、質の良い睡眠でスッキリ目覚めの良い朝を体験しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

3 × one =