健康豆知識

昆布は紫外線対策に良い?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

体に良いことで知られている昆布ですが、実は紫外線対策にも有効らしいのです!
本日は、昆布の栄養素と紫外線の関係について調べてみました。

昆布

昆布の栄養素

昆布には体に必要なミネラルがほとんど含まれております。
他の食品に比べて消化吸収率が高く、80%のミネラルが身体に吸収されると
言われているそうです。

昆布に含まれるアルギン酸やフコイダンは水溶性の食物繊維で、水につけることで
栄養素がたっぷりと溶け出します。
そうすると昆布のだしが取れた”昆布水“ができますね。

昆布水は体内に吸収しやすくなっているので、昆布をそのまま食べるよりも栄養分を確りと
摂取することができるそうです。

この昆布水はさまざまな料理に対して水代わりに使えるので、スープや味噌汁はもちろん、
カレーやシチュー、または飲み物としてもオススメです。

昆布水が紫外線対策に期待できる?!

その根拠は、紫外線によって発生するコラーゲンなどの分解酵素やコラーゲンにダメージを
与える活性酸素などを、フコキサンチンという成分が無力化するため
だそうです。

昆布には多くの栄養素が含まれていますが、摂り過ぎるのはあまり良くないらしいので、
摂取量には注意して健康な体を維持していきたいですね。

コメントを残す

*

five + eight =