健康豆知識

寝ている時にビクッとなる原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

うたた寝や変な姿勢で寝ているとき、電車移動などで寝ているとき、昼寝しているときに、
急に階段から踏み外したように体がビクッと、無意識に動いたことはありませんか?

電車移動

これは体が訴えている何かのサインかもしれません。
今回は、寝ているときに起きるこの現象について調べてみました。

この現象はいったい何?

実はジャーキングという現象だそうです。
ジャーキングは入眠時に無意識に起こる筋肉の痙攣のことで、ミオクローヌスという筋肉の
不随意運動の1種だそうです。

自分の意思とは関係なく瞬間的に起きてしまうので、自分の意思で止めるのは難しいとのこと。

ジャーキングが起こる原因とは

人が周りに居る中でビクッとなって起きるのは、恥ずかしいので出来れば避けたいですよね。

ジャーキングが起こる原因ははっきりと解明されていないようですが、疲れが溜まっていたり、
寝心地が悪い状態で寝ていたりすると起こりやすくなる
そうです。

予防としては

身体の疲労を取り除くことが大切とのこと。
疲労には肉体的疲労と精神的疲労の2種類があるので、この両方の休息を取ると良いですね。

肉体的疲労には…38度くらいのぬるめの湯船に20分くらいゆっくりと浸かったり、
マッサージするのがおすすめ。

精神的疲労には…好きな音楽を聴いたり、アロマを焚いたり、エステに行ったりすると
気持ちがリフレッシュできますし、疲労の予防にもなりますね。

ジャーキングが起こるのは疲労のサインであることが多いそうなので、自分では疲れて
いないと思っていても、無理しないようにしましょうね。

コメントを残す

*

twenty + eleven =