健康豆知識

から揚げにレモンをかける派?かけない派?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

居酒屋に行くとだいたいはメニューに掲載されている「から揚げ

から揚げにはレモンが添えられてくるかと思いますが、
はたして皆様は、から揚げにレモンをかける派でしょうか?
それともかけない派でしょうか?

「そのままの味を楽しみたい」
「温かいのが冷めてしまう」
「酸味が強いのが苦手」
「パリパリの衣がレモンで台無しになる」など…

賛否両論あるかと思いますので、レモンをかける前に「かけてもいい?」と
一言あっても良いのかなと思います。

必ずといっていいほど、から揚げに付いてくるレモン。
から揚げにレモンは意味があるのか調べてみました。

から揚げにレモンは理に適っていた!!

実はレモンにはポリフェノールの一種、エリオシトリンという成分が含まれており、
から揚げを食べたときの脂肪の吸収を抑えてくれるそうです。

また脂質に対する抗酸化作用が強く、高血圧、動脈硬化などにも効果的みたいです!
さらにから揚げには、老化を進行させるAGEという物質が多く含まれており、
このAGEは心筋梗塞や脳梗塞などの病気も引き起こすそうです。

それを防止するのがレモンです!

から揚げだけで無く、さまざまな揚げものやステーキなどにも言えます。
レモンは脂質の摂取を抑えてくれるので、から揚げとの相性が良いのですね。

コメントを残す

*

one × three =