健康豆知識

冷たいものを食べたらなんで頭が痛くなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

最近、気候が暖かくなってきてますね。

そんな暖かい季節には冷たくて美味しいアイスクリームに手を伸ばす人も
いらっしゃるかと思います。
急いで食べると頭がキーンと痛くなってしまうことも。

冷たいアイスクリームやかき氷を食べると頭が痛くなる理由はご存知でしょうか?

暖かくなってくるこれからの季節に向けて、冷たいものを食べた時に起こる頭痛の原因と
対処法についてお話させて頂きます。

頭痛の名前と原因

冷たいものを食べた時に起こる頭痛は、医学的には、「アイスクリーム頭痛
と呼ばれているそうです。
その頭痛の原因は主に2つの説が有力です。

①関連痛

 冷たい刺激が強すぎると、神経伝達の中枢が混乱して「冷たさ」を
 伝えるだけでなく「痛み」を感じる神経も刺激してしまうそうです。

②血管の炎症

 冷たいものを食べると、身体は急激に冷えた口内を温めようとします。

 温めるためには血流を増やす必要があり、この時の頭の中は、急に血管が
 太くなって一時的な炎症を起こし、それが頭痛を引き起こすそうです。

頭痛への予防と対処法

アイスクリーム頭痛を防ぐには、急いで食べずにゆっくりと食べるのが1番の方法です。
 次々と口に入れて飲み込むのではなく、口の中でゆっくり溶かして食べるようにしましょう!

口内が冷えたことによる頭の血管の炎症であれば、口内をこまめに温めてあげることで
 頭痛は解消されます。

アイスクリーム頭痛が起こっている時に、アイスノンなどの冷たいものをおでこに
当てると頭痛が止まるそうです。
外出中なら冷たいペットボトルなどを当ててみると効果が期待できます。

通常ならすぐに痛みは治まりますが、偏頭痛持ちの人は症状が長引くこともあるそうです。
頭痛にならないように注意しながら夏の冷菓を楽しんでくださいね。

コメントを残す

*

13 − 9 =