健康豆知識

頭痛と上手に付き合っていくためには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

頭痛がひとたび起こると何も手をつけられなくなりますよね。
そんな時は、頭をマッサージしたり、温めたり、冷やしたり等々、どんな頭痛か
によって対処法も違ってくると思いますが、何をやっても治らないときは
お薬しかありませんよね。

代表的な鎮痛成分はアスピリンアセトアミノフェンイブプロフェン
3つがあるそうです。

この3つのそれぞれの特徴を調べると、、、

アスピリンは、身体の中の痛みを伝える物質を抑えてくれる働きをするそうです。
痛み止めにはよく入っている成分ですね。

アセトアミノフェンも身体の中の痛みを伝える物質を抑えてくれるそうです。
アスピリンと同様の効果を発揮するそうですが、作用は比較的穏やかなのだ
そうです。

イブプロフェンは、もともとは医療医薬品の成分で、他の薬剤より比較的
強い鎮痛作用が期待できるそうです。

頭痛

とても激しい頭痛や高熱などをともなう場合はぜひ活用したいものです。
ただし、肌が弱い人やぜんそく気味の人、もしくは喘息持ちの人は、
イブプロフェン系のお薬はやめたほうが良いそうです。

沢山ある薬の中でどれを選べば良いか迷ってしまう時があるかと思います。
そういうときには迷わず、お医者さんか薬剤師の方に相談をしましょうね♪

コメントを残す

*

one × two =